小児歯科

小児歯科とは?

お子さんのお口の中の健康を維持することは親御さんの役目です!

よく患者様から「子供は何歳から歯科受診すればよいですか?」とのご質問を頂きます。
その際私たちは、「何歳でも構いません!むしろ親御さんの治療の際に一緒に連れてきてください。」とお伝えしています。

子どもは年齢によって目まぐるしくお口の中が変化していきます。幼児期は主に食事、おやつ指導や仕上げ磨きの仕方、しゃべり方に問題がないかどうか。大人の歯に生え変わってきた時期(学童期)には、大人の歯の虫歯予防処置(シーラント)、歯並びに問題がある場合は矯正治療による早期改善など、すべきことはそれぞれ異なります。

一番は、「歯医者さんは怖くない!」と思える準備づくりが大切だと思っています。

始めは親御さんと一緒でないとチェアに座れなかった子も、一人で座れるようになったり、水が出る器具にも怖がらなくなったり、とステップアップしていきます。
子どもは最初は怖がっていても、経験を重ね、精神的にも成長していくと、誰でも治療が上手に受けられるようになります。
そうやって歯医者さんに慣れたお子さんは、結果として成人後も、歯科受診の大切さに気付き、お口の健康状態が良好な状態を維持することができます。

当院は、子供の対応には十分慣れた子供好きスタッフばかりです。
日頃のお子さんへのお口に関するお悩みなどありましたら遠慮なくご相談ください。

診療内容一覧に戻る

トップに
戻る