虫歯治療

虫歯かなと思う前に

歯は体の中でもまれな再生しない組織です。膝の擦り傷などとは異なり、虫歯などで穴が開いてしまうとその失った部分は再生することはありません。その代わりに、レジン(樹脂)やセラミックなどで補うしか方法がありません。そんな大切な歯を守るために、毎日のセルフケアの確立と定期的な歯科受診による検診・予防処置をまずお勧めいたします。

歯がしみる、痛む

鏡で自分の口の中をみて、歯に穴が開いていれば虫歯の可能性が高いです。しかし、外から見ても穴が見当たらないこともあります。歯と歯の間の虫歯などでは、外から穴はわからず、レントゲンなどの検査をすることで部位が特定できます。

まずは、痛みなどの症状が出る前の検診が一番ですが、痛みが出たら放置せずに早めにご相談ください。

できるだけ歯を守る

虫歯の治療で大切なのは、歯質の保存と歯髄(歯の神経)の温存です。初期虫歯であればフッ素塗布などで経過を診ることも可能であるかもしれません。虫歯によりできた感染部分が明らかであれば、侵された部分をできる限り小さく削り取り、健康な歯質を余分に削らないように心がけます。大きな虫歯の場合でも、薬剤などを使用してできる限り歯髄(歯の神経)の温存に努めます。

痛みの少ない治療

虫歯治療などで大切なのは痛みの除去です。治療中の痛みを無くす事は当然ですが、治療開始時の痛みに関しても最小限でなければならないと考えます。局所麻酔時の注射の痛みを最小限にするためにも局所麻酔に使用する器材はもちろんのこと、施行する術者の配慮が重要です。『局所麻酔が効かなかった』、『注射が痛くて歯科を受診するのが怖くなった』などと問診時に聞くことがよくあります。どのような自動注射器を用いても、針を刺す場所などをしっかり考えていなければ針入時の痛みが強くなり、局所麻酔薬の効き目にも影響が出ます。麻酔時の痛みを最小限にするためにも細心の注意を払い施行しております。

診療内容一覧に戻る

トップに
戻る